人工透析

長期にわたり透析治療を続けていかれる皆様と、信頼関係を築き安心してよりよい生活を送っていただける環境を整えております。

  • 全床、電動式ベッド、液晶テレビを設置し、ゆとりのあるベッド間隔でリラックスして透析が受けられます。
  • 合併症を抑え、患者さんが元気に過ごせるように、オンラインHDFを中心に十分な血流量と透析時間を確保するように努めています。
    5時間透析や6時間(長時間)透析をご希望される透析患者さんを受け入れています。
  • 大型空気清浄機、加湿器を設置し、室内循環にも配慮しています。
  • 透析室内はヒーリングミュージックが流れ、とても静かな環境で落ち着いて過ごせます。

透析室

  • ベッド数
    29
  • 入室時間
    1クール : 午前8時30分
    2クール : 午後1時30分
  • 基本設備
    全ベッド電動式
    液晶テレビ設置(全ベッド)
  • 送迎サービス有り
    ※お住まいの地域によっては
    対応できない場合もございます。
    詳細はお問合せください。

治療設備

水処理装置(RO精製水製造装置)

自動薬液消毒システムを搭載しており、日本透析医学会が提唱する水質基準を満たしたクリーンな透析用水の作成を実現しています。

透析液製造装置

透析液原液を製造する装置は、全自動化されており、密閉回路内で衛生的に透析液原液が製造可能です。また、毎月、エンドトキシン検査、生菌検査を実施し、厳重な管理のもと、基準を満たしたクリーンな透析液を作成しています。

透析用監視装置

全装置に透析液中の有害物質(エンドトキシン)を取り除くフィルターを装着し、安全性を高めています。
オンライン治療対応装置では、循環血液量変化率のモニタリングにより安全性の高い透析を提供することが可能です。治療開始時には再循環率を自動測定し、バスキュラーアクセストラブルの早期発見に努めています。また、各種治療モードに対応しているため患者様の病態に合わせた治療を提供することが可能です。

ポータブルエコー

ポータブルエコーによりバスキュラーアクセスの観察をこまめにおこなうことが可能であり、トラブルの早期発見が可能です。また、血管が深い、細いなど穿刺が難しい方へは、エコーガイド下穿刺をおこなっており、再穿刺率(穿刺失敗率)の低い、安心安全な穿刺を提供しております。

治療環境

  • 透析中のフットケアは、患者様から好評です。
  • 透析中の運動療法も実施しています。患者さんの生活の質や生命予後の改善などを目的として透析時間を活用した運動療法を提供しています。電動サイクルマシンを用いて無理のない範囲で行います。定期的に理学療法士の評価を加えながらメニューを決めています。
  • 明るく、落ちつた雰囲気の休憩室。リラックスできる環境作りに努めています。
  • 越生、毛呂山、ときがわ、鳩山方面の患者さんを無料送迎しています。車椅子のまま乗車できるリフト車もあります。